サイビッグネット(東京/大田区)は、ネット出力センターです。

パワーポイント スライドのサイズの変更は?縦長にするには?

スライドの初期設定サイズはバージョンで違う

パワーポイントの初期設定のスライドの縦横の比率はバージョンによって違います。

●【バージョン2010】までは  画面に合わせる 縦横比4:3

● 【バージョン2013】以降~2016~(Office365)は  ワイド画面 縦横比16:9

パワーポイント2013以降は、新規作成で初めにでてくるスライドは「ワイド画面」のかなり横に長いスライドになったことがわかります。

これはなぜでしょう?

もともとパワーポイントはプロジェクター投影用の原稿作成アプリです。

そのためパワーポイントのスライドのサイズは、プロジェクターやPCモニターの縦横比と同じになっていますが、この縦横比が近年変わってきたためです。

プロジェクターやPCモニターの縦横比は「アスペクト比」と呼ばれますが以前は縦横比4:3が主流でしたが、最近はもっと横長の16:9が一般的になりました。

そのためパワーポイントのスライドの初期設定も以前は縦横比4:3だったのがバージョン2013以降は初期設定は16:9に変更されました。

しかし、最近のPCモニターでの表示ではぴったりのこの縦横比16:9のスライドなのですが、プロジェクター投影ではまだまだ縦横比4:3が主流です。

またモニターでの表示やプロジェクタでの投影でなく、印刷A4サイズのに印刷するときも、この16:9の縦横比では、上下にかなり余白が付いてしまうという問題がでています。

印刷プレビューで確認してみるとこんな感じです。

※「用紙に合わせて拡大縮小」にチェックを入れています。

  「縦横比16:9」をA4に印刷

 

スライドサイズを以前の縦横比4:3に戻したい時

印刷の仕上がりでもできるだけ余白を減らしたい時は、この初期設定ページ設定(スライドのサイズ)は変更しましょう。

バージョン 2013以降: デザイン > スライドのサイズ

ここで「標準(4:3)」を選べば、以前の縦横比のスライドになります。

※Mac版でのページ設定は [ファイル > ページ設定]で変更できます。

 

スライドは縦長にもできる

またここで「ユーザー設定のスライドのサイズ」を選択すると、

スライドは横長だけでなく、ここで縦長にすることもできます。

また幅と高さにサイズを入力すれば、スライドサイズを変更することもできます。

※ホップダウンメニュー内の[A4 210×297mm]や[A3 297×420mm]は、小型プリンタで用紙の端ぎりぎりまで印刷はできないことを考慮して、若干縮小したサイズ、周囲に余白が付くサイズに設定されてしまいます。

印刷業者への入稿データなど、正確なA4やA3サイズの設定が必要な場合は、[幅]と[高さ]に、たとえばA4なら[29.7]cm×[21]cm、A3なら[42]cm×[29.7]cmと直接入力することで正確なサイズにページを設定できます。

※ここで入力できるスライドサイズの最大設定サイズは142.22cmまでとなります。

※A2サイズ以上の各種サイズに設定済のテンプレートを下記でご準備しています。ご活用ください。


☆本サイト内関連 原稿について-パワーポイント (各サイズテンプレートあり)

☆本サイト内関連 印刷データを作ろう PowerPoint (パワーポイント) 編

☆本サイト内関連 パワーポイントで学会ポスター印刷 (学会ポスター用テンプレートあり)

 

関連記事

学会ポスター印刷

パワーポイントのテンプレート

パネル製作

タペストリー印刷

ポスター印刷

写真パネル印刷

タペストリー印刷

ポスター印刷はサイビッグ