サイビッグネット(東京/大田区)は、ネット出力センターです。

ポスターの持ち運び方法

持ち運び方法 ポスター / 布ポスター

発表用に準備したポスターは、会場まで無事に持ち運ばなければなりません。
今回はポスターの安全な持ち運び方法をご紹介します。

 

サイビッグでは、ポスターを包装紙で一巻きした後に
細長いダンボールケースに入れてお届けしています。

発表会場へこのまま持ち運ばれる方も多いのですが、このようにちょっと紐をかけるだけで持ち運びがとても楽になります。

また便利なプラスチック製のケースも市販されています。対応サイズはA0用、B0用など種類がありますので気をつけてください。(ネットで検索する時は「伸縮図面ケース」で →Amazon

※ポスターの表面にラミネート加工が施されたものはコシがあり、あまり細くは丸められないので、このポスターケースに入れることはお薦めいたしません。

 

布製ポスターを折りたたんで持ち運ぶ場合

布製のポスターも折り目をつけないよう丸めて持ち運ばれる場合が多いのですが、 折りたたんでコンパクトに持ち運ぶ目的で布ポスターを選ばれた場合は、折りたたむ際に以下の点にご注意ください。

※折りたたむ時は縦横を均等にして折りただんだ方が、広げた時に折りジワがまっすぐになるので見栄えがさほど落ちません。

※布ポスターの場合、折りたたんだ状態で外側から強く圧着されるとインクの色移りの原因になります。鞄に入れる際は、いったんプラスチックケースに入れるなどして保護することをお薦めいたします。

プラスチックケースに入れれば折りジワもそこまではっきりはつきません。

大きめのB4サイズかA3サイズでマチ幅が30mm~50mmほどあるものがオススメです。

※写真のセキセイのケースは、H270mm×W392mm×マチ幅50mmです。(→Amazon

※100円ショップで使えるものがあるかもしれませんし、菓子箱等でも代用できるかもしれません。

 

● 布ポスターにアイロンがけはできるか?

当社の布ポスターは素材がポリエステル布のため可能ですが、高温だと布の変色のおそれがあるため、アイロンがけはあて布をした上で[ 低温 ]設定で裏側から、都度確認しながら少しずつ慎重にお願いします。

また、表の絵柄が色移りする可能性もございますので、アイロン台の上にもなにか1枚敷いて頂いた方が安全です。

 

関連記事

学会ポスター印刷

パワーポイントのテンプレート

パネル製作

タペストリー印刷

ポスター印刷

写真パネル

タペストリー印刷

ポスター印刷はサイビッグ