サイビッグネット(東京/大田区)は、ネット出力センターです。

パワーポイントで作る展示パネル印刷

2018.09.05

パワーポイントで作る展示パネル印刷 はコメントを受け付けていません。

展示会はじめ各種のイベント用でパネルの作成が必要となった時、原稿はどのアプリケーションで作成すれば良いでしょうか? 一般の方がパネル印刷の原稿を作成される場合、一番のお勧めアプリはパワーポイントです。パワーポイントは学校や会社で使った経験がある人も多く、初めて使われる方でも少し練習すれば使えるようになります。またワードに比べてレイアウトの自由度が格段に高く、イラストレータやフォトショップよりも操作がとても簡単です。ここではパワーポイントを使った展示パネル印刷用の原稿データ作成方法をご紹介いたします。

ポイントはページ設定

PowerPointは、モニターやスクリーンに映しやすいよう、初期設定では横長のスライドになっています。 そのため、印刷用にデータ作成をする場合には、まずスライドのサイズを印刷サイズに合わせる必要があります。
ここでは展示パネルに多い、縦長のA1サイズ(59.4×84.1cm)に設定します。

 

スライドサイズを印刷サイズに変更する

「新しいプレゼンテーション」でスライドを新規作成し、
(※ → スライドの新規作成方法
デザイン > スライドのサイズ > ユーザー設定のスライドのサイズ を開きます。
スライドのサイズ の 幅・高さのボックスに、A1サイズの数値
(幅59.4cm×高さ84.1cm)を入力します。

※スライドのサイズを変更し「OK」を押すと、「最大化」か「サイズに合わせて調整」の選択肢が出てきますが、ここでは原稿がまだ白紙のためどちらを選んでも大丈夫です。もし文字や図を配置した後でスライドサイズ を変更する場合は、どちらか適切な方を選択してください。

※スライドサイズ設定済みのテンプレートがご利用いただけます。

 

フレーム付きパネルの場合の注意点

フレーム付きパネルの場合、パネルの周囲はフレームに隠れます。
文字や図形は周囲ぎりぎりに置かないよう注意しましょう。

ガイドを使う

フレームに隠れる境界線にガイドを置いて目安にしましょう。
表示 > ガイド にチェックをし、スライドの中にガイドを表示します。

ガイドはドラッグで移動ができます。また「Ctrl」+ドラッグすることで追加ができ、不要なガイドはスライドの外側へドラッグすると消去できます。


このガイドをフレームに隠れる境界の位置まで移動します。尚、どの程度フレームに隠れるかは使用するフレームにより異なるため、事前に確認が必要です。

※ 展示会で多いとされる一般的なアルミフレーム(周囲約7mmがフレームに隠れる)用のガイドが設定されているテンプレートはこちらからダウンロードいただけます。

 

関連記事

コメントは利用できません。

学会ポスター印刷

パワーポイントのテンプレート

パネル製作

タペストリー印刷

ポスター出力

ポスター印刷はサイビッグ