サイビッグネット(東京/大田区)は、ネット出力センターです。

写真パネル印刷の種類

2019.01.09

写真パネル印刷の種類 はコメントを受け付けていません。

当社本サイトの写真パネル印刷のページには、写真パネルを作成してくれるところを探されている方々が大変多くいらしゃいます。
当社のパネル印刷のページをご覧になって、探していた写真パネル印刷は「これこれ!」と思われる方もいれば、「これじゃない…」と思われる方もいます。

「写真パネル」といっても、その加工方法は様々です。 
皆様のイメージしている「写真パネル印刷」を間違いなくネットで見つけられるようここではいくつかの写真パネル印刷の加工をご紹介いたします。

●スチレンボードパネル
写真をスチレンボードに貼ったもの。当社のパネル印刷はこれになります。
スチレンボードとは、ポリスチレン樹脂を発泡させたものです。食品トレーなどと同じ素材になりますが、より固く、表面は平滑なボードです。
写真パネルには厚み7mmや5mmのものが使われ、1枚の板の大きさは小型のA3サイズ位のものから大きなものでは90cm×180cmや120cm×240cmの板が市販されています。
軽量で価格もそう高くないため、写真展に各種展示会やお店のPOPなどに幅広く使われています。

スチレンボードにはのり付きのものもあり、このボードに印刷物を貼る加工はウッドラック加工、ハレパネ加工、ドライマウント加工などとも呼ばれます。

●木枠パネル
絵画などにも使われる木枠にベニア板を貼り付けたパネルに写真を貼り付け、パネルの側面には黒いテープを巻いたものです。
側面にテープを貼らず、写真の端を木枠パネル裏面まで巻く場合もあります。

●マットパネル
木枠パネルに写真を貼り付け、その上にマットパネルをかぶせたたものです。
写真のまわりにVカットのマットパネルの縁が付き、写真が引き立ちます。

小型のものであれば、自分で作れるマットパネルも市販されています。

こちらはアマゾンで販売されているものです。

ひとくちに写真パネル印刷といっても様々な作りのものがあります。

用途やご自分のイメージにあったものをお探しください。

関連記事

コメントは利用できません。

学会ポスター印刷

パワーポイントのテンプレート

パネル製作

タペストリー印刷

ポスター出力

ポスター印刷はサイビッグ