印刷データを作ろう

- Word(ワード) 編 -

 
ここでは「Word2013」で、大型のポスター印刷用印刷データを作る方法をご説明いたします。
☆「ポスター発表」の方はこちらも >> 学会ポスターを作ろう! 

Word2007からは従来のツールバーから名称が変わっています。

今回は「旅行」をテーマに「A1」サイズのポスターを作る前提で、
原稿データを縮小サイズの「A4」サイズで作成します。
(パネル・タペストリーも同様の作り方になります。)

今回作成するポスターのWordデータは、
こちらからダウンロードいただけます。
(Word2007、2010でもご利用可能です。)

<< ダウンロード

※上のアイコンを右クリックし「対象をファイルに保存」で保存先を選択の上ダウンロードしてください。
※zip形式の圧縮ファイルです。解凍(展開)してご利用下さい。

1. Wordを開く

 

1-1. 新規書類を開く(リボン > ファイル > 新規 > 白紙の文書)

 

1-2. ページ設定を行う (リボン > ページレイアウト > サイズ)

A4(210×297mm)を選択します。

 

1-3. 余白の設定をする
(リボン > ページレイアウト > 余白 > ユーザー設定の余白 )

上下左右、及び「とじしろ」の数値をすべて0mmにします。

ページ設定について

(1)印刷サイズがA形、B形の用紙定形の場合

Word原稿のページ設定でA4、A3、B5、B4、B3 の用紙定形サイズに設定いただければ、ご希望の印刷サイズに拡大して印刷いたします。
※接続されているプリンタにより、ご選択いただける定形サイズは異なります。
※A形とB形の縦横比率は同じです。

(2)印刷サイズが用紙定形外の場合

印刷ご希望サイズが定形外サイズの場合は、同じ縦横比率の縮小サイズでページを設定していただく必要があります。

例)印刷サイズが600mm×1200mmの場合、Wordのページ設定を1/3縮小の200×400mmとする。

※Wordのページ設定は558mmまで可能です。

(3)余白について

初期設定では余白が多いため、適宜調整されることをお勧めいたします。
※ 余白・とじしろを全て0mmにすると、ページ全体を使ってレイアウトできます。
→ 「余白が印刷できない領域に設定されています」のメッセージが出る場合は「無視」を選択してください。
( お手持ちのプリンタではページ端まで印刷されない場合がありますが、当方では画面表示通りに印刷されます。)

2. デザインする

2-1. 画像を配置する (リボン > 挿入 > 画像)

画像を挿入して大きさを設定します。

※画像の解像度(データ容量)が適切でないと、ぼやけたりがたついた仕上がりとなります。
※今回はA4→A1サイズへ印刷となりますので、約300%ズーム表示でほぼA1サイズの印刷イメージが確認できます。

画像解像度について

【配置画像のレイアウトについて】

配置した画像が自由な位置にレイアウトできない場合は、画像を右クリック > 文字列の折り返し から「前面」を指定する事で移動できるようになります。

※図の貼り付けの初期設定は「行内」のため、下記手順で変更しておくと便利です。

ファイル > オプション > 詳細設定 > 切り取り、コピー、貼り付け
→「図を挿入/貼り付ける形式」を「前面」に設定

2-2. 文字を入力する (リボン > 挿入 > テキストボックス/ワードアート)

テキストボックス、またはワードアートを使用して文字を入力します。
※文字を自由な場所に移動するには、リボン > 書式 > 文字列の折り返し から「前面」を選択します。

2-3. 文字を装飾する (文字を右クリック > 書式設定)

「書式設定」の「色と線」で文字色やグラデーション効果などの設定をします。


2-4. 図形を描く

(リボン > 挿入 > 図形)
ここでは長方形を適当なサイズに描画します。
(図形を右クリック > オートシェイプの書式設定)
描画した図形の色や線を設定します。

※図形の正確なサイズの設定、「前面、背面への移動」や「整列」「グループ化」などは、図形を選択した状態で リボン > 描画ツール下の「書式」内コマンドで変更できます。

2-5. できあがり

その他の図形や文字を入力して完成です。

3. 保存する

3-1. 最後に完成した原稿を保存します(リボン > ファイル > 名前を付けて保存)

保存する場所を選択し、ファイルの種類「Word 文書」で保存してください。


Wordでの原稿作成の際にご留意いただく点

パネル製作でアルミフレーム取付をご希望の場合

アルミフレームの取付により、周囲各7mmが隠れます。
原稿データ作成時には周囲ぎりぎりまで文字や図形を置かずに、スペースを確保してください。


透過性(半透明)を使った塗り色について

オブジェクトの塗り色に「透過性」を使用した場合は細かい網状の模様として印刷されます。
「透過」させる事が目的でなく、基準の色より「淡い色」の設定のために使用するのであれば「透過性」ではなく、
「その他の色」で淡い色を作成して設定すれば、網状にならずに綺麗に印刷されます。
Office系ソフトでの色設定


グラデーションへの「透過性」効果は印刷に反映されません。

グラデーションオブジェクトへ「透過性」の設定をされた場合、モニター表示では問題なく「透過」が反映されて見えますが、印刷では透過させる事が出来ません。
Office系ソフトでの色設定


文字装飾、太字設定について

太い書体や、字画の多い漢字などに太字設定(ボールド「B」)をした場合、文字が潰れて読みにくくなる事があります。

<例>

他の文章との差別化を表すために強調されたい場合は、太字「B」設定ではなく、より太い書体をご使用いただくか、ポイントを上げる(文字サイズを大きくする)などの設定をしてください。